丸ノ秘ネタ

世の中にあるマル秘ネタをご紹介致します。

丸ノ秘ネタ

MENU

未解決事件「世田谷一家殺人事件」の真相|真犯人は北朝鮮のスパイだった!?

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20211031154356j:plain

 

2000年12月30日、年末。平和で幸せあふれる一家全員が惨殺されました。8歳と6歳の子供までも殺され、更には母親と娘は包丁でめった刺しにされたという極めて残虐な事件です。

 

これがいわゆる「世田谷一家殺人事件」です。

 

 

今回は、そんな残虐すぎる事件「世田谷一家殺人事件」をご紹介したいと思います。

 

世田谷一家殺人事件の詳細

f:id:ak6ark:20211031153444j:plain

※画像引用元はコチラ

 

2000年12月30日、東京都世田谷区上祖師谷3丁目に住む宮沢さん一家が殺されました。宮沢さん一家は2世帯住宅に住んでおり、隣には殺された妻の宮沢泰子さんの母親が住んでおりました。

 

当時はちょうど年末で、いっしょにおせち料理を作る予定でしたが、中々娘の泰子さんがでてこないので見に行ったら殺されていたという状況でした。当時の周辺環境は、都立祖師谷公園拡張により、たった4軒の家しか存在せず、かなり物静かな住環境だったといいます。

 

犯人は2階の浴室窓から侵入して、最初に2階寝室にある2段ベッド下段で寝ていたまだ保育園に通っていた6歳の息子:宮沢礼くんの首を絞めて殺害。その異音に気づいた父親が階段を登ってきたところで殺害されたという。※父親の殺害方法は他説あり。

 

父親である宮沢みきおさんと礼君が殺された後、母親である泰子さんと8歳になる宮沢にいなちゃんは3階の屋根裏部屋にある寝室で顔と首を切りつけられた。切り付けられた後、犯人は2人が死亡したと思いその場を離れましたが、実は2人ともその時点では死亡していませんでした。

 

犯人がその場を離れた後、母親は衰弱しながらも娘をどうにか助けようとした。ところが、すぐに犯人に見つかってしまい、宮沢家の包丁でめった刺しにされた。遺体は浴室とトイレの間にある2階の廊下で泰子さんと8歳になる娘のにいなちゃんが重なり合うように倒れていたという。

 

被害者宮沢みきおさんの経歴

『学歴』

東京都立戸山高校卒業

東京大学農学部卒業

 

『経歴』

大学卒業後、テレビ制作の仕事に就職

30歳→アメリカの大手デザイン会社に転職

→シニアコンサルタントの役職に就く

→マーケティングコンサルタントやCIを担当

40歳→イギリスの大手デザイン会社に転職

→CI部門のリーダーとしてCIのデザインを担当

 

被害者の宮沢みきおさんは英語が堪能で、デザイン面のスキルにも長けていたと言われています。また、IT関係にも詳しかったようで、「インターネットでわかったこと・できたこと」という本を共著で出版しています。

 

被害者宮沢康子さんの経歴

被害者宮沢みきおさんの妻・宮沢泰子さんは東洋英和女学院大学を卒業

その後、資生堂に入社。

1986年統一教会主催の自己啓発セミナーで宮沢みきおさんと知り合い、結婚し、一男一女に恵まれました。

1988年、結婚を機に資生堂を退社し学習塾を開業。

1990年には自宅で学習塾を開業。

 

世田谷一家殺人事件の犯人像

通常犯罪者の心理としては、事件を起こすとその場から逃げるのが常識ですが、今回の事件の犯人はしばらく現場に居座っていたという。

 

信じられないことに、犯行後、宮沢家の冷蔵庫にあったアイスクリームやメロンを食べ、麦茶まで飲んでいたという。また、現場からは現金20万円が奪われ、被害者宅のパソコンまでも使用された形跡がありました。

 

さらには、ソファーで仮眠までとった形跡があったというのです。4人も人を殺していて寝られる神経のすごさ!犯人は宮沢家に最大10時間は現場に残っていたと推測されています。

 

※パソコンの使用時刻が深夜1時18分と午前10時5分の2回が使われた形跡がありました。ただ、このパソコンの時間設定は犯人が故意に時間を操作したのではないかという見解もあり、実際に犯人が逃げた時間は深夜ではないかという説もありました。

 

更に犯人は劇団四季の舞台チケットを予約しようとした形跡があり殺害後の行動としてはありえない行動であると言われています。劇団四季は韓国と繋がりがあると言われているのですが、犯人が韓国人かどうかは明らかになっておりません。

 

世田谷一家殺人事件が起きた要因

被害者夫妻は元熱心な統一教会の信者であったが、事件の前に夫妻は統一教会を脱会していたという。

 

又、被害者夫妻は1990年5月にこの地に引っ越しをして2世帯住宅を建てておりますが、1991年ごろから祖師谷公園を拡張する計画があり、東京都側から周囲の住宅に立ち退き交渉が行われておりました。

 

被害者以外ほとんどの家は引っ越していたのですが、当家族は断固拒否していたという。

 

上記の事を踏まえて、統一教会のメンバーに殺された説、地上げ屋関係の方達に殺されたという説も浮上しています。この他にもいくつか事件の要因はあるのですが、現在のところこれらの説が最有力とされています。

 

犯人は北朝鮮人?被害者は北朝鮮のスパイだった?

f:id:ak6ark:20211031153852j:plain

 

宮沢みきおさんは以前、統一教会の信者でありましたが、実は北朝鮮のスパイだった?という説があります。

 

元々、統一教会は反共産主義で、1990年ごろからは北朝鮮と親密な関係にあったというのです。突飛な話しですが、宮沢みきおさんが統一教会の信者で北朝鮮のスパイだったというのもあり得る話です。

 

宮沢みきおさんの妻である泰子さんの実家は、在日の不動産ブローカーです。つまり、泰子さんは朝鮮半島と関わりのある人物だったということです。そして、2人は統一教会主催の自己啓発セミナーで知り合ったので宮沢みきおさんも何らかの形で北朝鮮とかかわりを持っていた可能性があるのです。

 

実際、宮沢みきおさんは、パチンコ店の売上を北朝鮮に送金したり、政治資金のルートを作ったりしていた。

 

さらに、被害者宮沢みきおさんは、日韓ワールドカップのマスコット関係のCI事業を担当していました。その仕事を隠れ蓑にしながら、韓国・北朝鮮の情報を入手し、スパイ的な活動をしていたのではないかと言われております。

 

事件の真相は朝鮮総連幹部の復讐だった?

2000年11月21日に日本で活動する北朝鮮のスパイの親玉的な人物、康成輝(カン・ソンヒ)(朝鮮総連幹部)が逮捕されました。康成輝(カン・ソンヒ)だけでなく、この人物と関わりのある北朝鮮の工作員だった牧師やパチンコ店店員など12人も逮捕されています。

 

実は、被害者の宮沢みきおさんが警察にこれらの情報提供を行ったのではないかと言われております。この裏切り行為への見せしめに、宮沢みきおさん一家は殺害されてしまったのではないかと言われているのです。

 

※康成輝(カン・ソンヒ)が逮捕されたのは、宮沢さん一家殺害事件が発生した約1ヶ月前です。

 

実は当時、宮沢みきおさんには高収入な転職話が舞い込んでいたという。その為、朝鮮総連を裏切り、警察に情報を売って工作員を逮捕させた。とも言われております。被害者宮沢みきおさんはこのネタを盾にして転職しようとしていたという可能性も考えられると言われているのです。

 

まとめ

この事件は謎だらけの事件で不可解なことが多すぎる事件です。しかし、北朝鮮説はかなり関係があるのではないかと言われています。となると解決は厳しいものとされますがなんの罪もない妻や子供まで殺す必要はあったのでしょうか。