丸ノ秘ネタ

世の中にあるマル秘ネタをご紹介致します。

丸ノ秘ネタ

新年の挨拶文で使ってはいけない言葉&NGワード|年賀状の正しい書き方

f:id:ak6ark:20191108142445j:plain

 

最近ではメールやSNSが普及して、年賀状を出す機会も減っているのではないでしょうか?

 

ただ、新年の挨拶がメールやSNSになっても書く内容はほとんど変わりありません。そして、そこにも「使ってはいけない言葉」や「NGワード」が存在します。

 

メールやSNSだからといって失礼な言葉を送っていませんか?

 

 

今回は、年賀状に書いてはいけない言葉&新年の挨拶でNGとされる言葉をご紹介致します。言葉の種類は色々ありますから、相手の立場に合わせた言葉を選んでいきましょう。

最も丁寧な挨拶は、四文字で「謹賀新年」か「恭賀新年」

年賀状の挨拶として、最も有名なのは「謹賀新年」ではないでしょうか。スーパーやコンビニなどで販売されている、印刷済みの年賀状には「謹賀新年」と入っている物が多いと思います。

 

この、謹賀新年の意味は、字のごとく「謹んで新年をお祝い申し上げます」という意味があり、年賀の挨拶としては最上級の礼節のある言葉とされています。従ってどのような相手にも出して失礼に当たらないため、親戚、上司、同僚、部下、先生、友達と相手がどのような立場の人であっても、出しやすい言葉とされています。

 

また同義語として、「恭賀新年」という言葉もあります。

 

こちらは「恭(うやうや)しく新年をお祝い申し上げます」という意味です。「恭しく」とは「相手を敬って、礼儀正しく丁寧である」という意味がある為、謹賀新年と同様の最上級、礼節のある言葉とされています。従って、目上の人に出す年賀状は「謹賀新年」、もしくは「恭賀新年」が適切です。

 

※四文字の賀詞は他にも「敬頌新禧」「謹賀新春」「恭賀新春」などがあります。どれも丁寧な新年のあいさつなので、どのような立場の人に出しても、失礼ではありません。

 

四文字でなくても、長い言葉は丁寧とされています。もっと感謝を込めたり、敬意を表す場合は「謹んで初春のお慶び申し上げます」などを使うとさらに格上の挨拶と受け取ってもらえ、失礼には当たりません。

目上の人に対して「賀正」、「迎春」は失礼になる

年賀状で「謹賀新年」と並んでよく目にする言葉が、「賀正」と「迎春」ではないでしょうか?

 

2つとも謹賀新年と同様、賀詞として本文の前に書かれます。ただ、この言葉は目上の人に対して失礼にあたります。

 

「賀正」「迎春」という言葉の意味は、「正月を祝います」、「新しい年ですね」と新年を迎えたことの挨拶です。目下の人に対し、「新しい年を迎えましたね」と話しかけるのは親しみやすい印象を持たれますが、目上の人に「正月を祝いましょう」とか「新しい年ですね」と挨拶するのは失礼に当たります。よって、目上の人に「賀正」「迎春」という言葉を使うのは避けた方がいいでしょう。

 

また一文字の賀詞、「寿」なども目上の人に対しては失礼に当たりますので、年賀状の賀詞は「四文字」の言葉が適切です。

新年の挨拶で「A HAPPY NEW YEAR!」は友人へ

ちなみに、近年では「A HAPPY NEW YEAR!」と英語の賀詞もあります。もちろん、日本語で「新年明けましておめでとうございます」という意味ですが、目上の人や親戚に出すような硬い挨拶ではないので、友人に宛てた年賀状に書いたほうがいいでしょう。

新年の挨拶では賀詞の重複に注意

年賀状を書く際に、「謹賀新年」と書いた後、本文などで「新年明けましておめでとうございます」と書いてしまうことはありませんか?実はこれ、間違いに当たります。

 

なぜなら、「謹賀新年」、「恭賀新年」、「賀正」、「迎春」などの言葉に「新年明けましておめでとうございます」という意味があるからです。

 

例えば、パソコンで年賀状を作る場合。「謹賀新年」と既に入っているイラストを使ったら、本文で「明けましておめでとうございます」は必要ありません。「旧年中はお世話になりました…」などから始めて下さい。ぶっきらぼうな感じがしますが、ここで「明けましておめでとうございます」と入れてしまうと、「明けましておめでとうございます、明けましておめでとうございます…」という文章になってしまいます。

 

逆を言えば、「新年明けましておめでとうございます」と書く場合、「謹賀新年」、「迎春」という言葉は必要ないという事です。

新年の挨拶や年賀状の忌み言葉

年賀状には忌み言葉があります。つまりNGワードです。

 

例えば「去年」や「去る」という言葉は離れるという意味があるので、縁起が悪いとされています。なお加齢で体力が落ちてきたことから「最近は体力が衰えて…」と書いてしまいそうになりますが、この「衰」という文字も使ってはいけないとされています。衰弱、衰退など人や家に対しマイナスのイメージがあるので、自身の近況を伝える場合でも「衰」という言葉は使わないようにしてください。

 

まためでたいからといって、赤い文字を使うことはNGとされています。赤字は血の色を想像してしまうので、縁起が悪いとされています。なるべく年賀状は黒で書くと失礼はありません。

まとめ

現在ではメールやSNSで実際に会わなくてもネットでやり取りができるため、年賀状を出さずにSNSで済ませてしまう方も多いと思います。ただ、年賀状・メール・ブログ・サイト関わらず、今回ご紹介した通り、新年の挨拶言葉によっては失礼になる場合がありますので十分注意しましょう。