丸ノ秘ネタ

世の中にあるマル秘ネタをご紹介致します。

丸ノ秘ネタ

MENU

結婚相手にオススメな男性の特徴4選|後悔しない為に学ぶ結婚相手に求める最低条件と選び方

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20211111160859j:plain

 

そろそろ結婚を見据えて相手を探したい。結婚についてはさまざまな意見があるかと思います。けど、そもそも結婚したら幸せにしてくれる人ってどんな人?

 

結婚を見据えた途端様々な疑問が湧きあがってきますよね。ただ、もしも本当に幸せにしてくれそうな男性の見分け方が分かれば、あなたはどうしますか?

 

 

これからご紹介するのは傾向や確率論的に「幸せにしてくれそうな男性」でしかありません。参考程度ですが、少しだけ心の片隅にでも留め置いてもらえると幸せになれる確率が少しだけアップするかもしれません。それでは、さっそく見ていってみましょう。

 

※この記事をご覧頂いているのが男性の場合:本記事は、結婚相手として認めてもらう為の最低条件が掲載されています。

 

参考程度ですが、どうか以下の内容に向き合って頂けたらと思っています。好きになった女性の為にも、必ず幸せにしてあげましょう。それでは、いってみましょう。

 

条件1.顔より唇が厚い男性

唇が分厚い男性です。薄い唇のほうがかっこいいイメージですが、唇が分厚い男性は情に厚く思いやりがある傾向にあります。結婚後、思いやりがあることは非常に大事です。

 

実は結婚後、負担が大きいのは妻側にあります。例えば、妊娠、退社、引っ越し、姑付き合い、夫の親戚付き合い、夫の会社の先輩後輩の対応など、妻側は自分以外のことに振り回されることが多くなります。

 

妊娠中はつわりがひどく家事も食事もままなりません。出産後は傷付いた体を休める間もなく育児に移らねばなりません。そのとき、確実にあなたの支えとなるのは夫です。

 

心の支えとしてもそうですが、育児のパートナーとしても戦力になってもらわねばなりません。妻が育児や家事にとバタバタしている横で、「俺だって疲れている」「休日くらい休ませてくれ」「仕事以外のことはお前に任せる」なんて言ってソファーでゴロゴロするような夫はいらないのです。

 

思いやりがある人であれば、妻が少しでも休めるように気を遣い、姑との間を取り持ち、日々の負担や疲れを労ってくれるはずです。よって、情に厚く思いやりがあることは大事な条件です。

 

条件2.年収よりも素直な男性

恋人になる前の関係性(友人関係含む)において、食事代や飲み代等を全額奢ろうとしない人です。これは恋人未満でのデートでも言えます。

 

もちろん、年齢差やお互いの経済状況にもよりますが、それほど大きな差がない場合には、無理に全額出そうとしない人が結婚相手としては吉です。

 

全額奢ろうとする人は見栄っ張りで自分で自分を大きく見せたいという気持ちが見え隠れします。自分をよく見せようとついついお財布の紐がゆるんでしまいがちな人は、結婚後もお金に苦労させられます。若い女性に対して多めにお金を払ったり、必要以上に部下の分を支払おうとするからです。

 

それなりの役職につき、課をまとめるような立場となればある程度の交際費として出費は必要ですが、そうでないのに高額なお金をその場の勢いで出してしまうような人は注意が必要です。

 

これは交際費以外にも、衝動買いや友人へのお金の貸し借りなど、のちのちに問題として浮き彫りになることもあるため、彼がそんなタイプなのか、それともよく考えての出費をしているのか見極めていきましょう。

 

条件3.親を大切にしてくれる男性

彼女だけではなく、彼女の両親のこともきちんと大事にしてくれる人です。これは結婚すれば誰でも大事にするものなのではないか?もしくは、両親までは彼にとって他人なのだから関係ないのではないか?と考えてしまいがちですが、実はとても大事な事です。

 

彼女の両親も結婚前から大事にできる人はよく気がつき、家族を大事にしてくれる人です。

 

これからもずっと一緒にいたいと彼女を大事に思っている人ならば、その彼女の大事な両親も結婚前から何かしら関わりを持ち、良い関係性を築こうとするハズです。

 

『言えばしてくれる』ではなく、『自分で気が付いて、行動を起こせる』ことが重要なポイントです。例えば、2人で出かけた際には両親へのお土産を買ってくれる、遠出の旅行に行く際には緊急連絡先や宿泊ホテルを両親へ伝えておいてくれる、両親の体調不良時にはお見舞いを申し出てくれるなどです。

 

これは、結婚後の関係性を円滑にするだけでなく、夫婦関係においても共通しています。なくなりそうな生活用品を買っておいてくれる、家族優先で車の車種を決めてくれる、回し忘れた洗濯物を洗って干してくれる、子どものオムツ替えやミルクやり、ぐすりの対応など、こちらが言わずとも先回りして動いてくれる人です。

 

つまり、『言えばしてくれる』ではなく、『自分で気が付いて、行動を起こせる』ことができる人です。

 

夫もその一つ一つの大変さを知るからこそ、妻に感謝します。よい夫婦関係において、お互いに感謝し合えることは大事ですね。

 

たまに、友人や同僚には笑顔で親切なのに、家に帰ってくると家族や身内には大きな顔をしたり知らんぷりをする人がいますので、そのような人を見分けることにも繋がります。

 

条件4.優しい性格の男性

彼女がいる状態で、やむを得ず異性と行動を共にしなければいけない場合や、2人きりになる場合に人目のあるカフェや大通りを選ばない人です。そして、異性の友人との過剰な電話を避けられる人です。

 

事実がどうであるかよりも、自分が起こした行動でどうみられるか、彼女がどう思うかを考えられる人は軽率な行動はあまりしません。

 

「やましいことはなにもしてないんだからいいじゃん」という声が聞こえてきそうですが、周囲はそうは見ません。事実がどうであれ、やはり彼女からして見ればいい気はしません。

 

先ほど述べたように、彼女との将来を真剣に考えていれば、彼女の周りに誤解されるような行動は避けるはずですし、彼女を傷付ける行動も取りません。

 

これは夫婦となった後においてもご近所や両親にあらぬ噂をたてられないよう避けれたり、実際に浮気の予防になります。そのような状況を作らないように自然と予防線を張れる人は、自分の行動に責任を持っている人です。

 

まとめ

以上が、結婚すると幸せにしてくれそうな男性の特徴4選でした。あくまで見分ける目安でしかありませんが、これで少しでも幸せにしてくれる男性を選べる人が増えますように。あなたが幸せな結婚生活を送れるように祈っています。