丸ノ秘ネタ

世の中にあるマル秘ネタをご紹介致します。

丸ノ秘ネタ

MENU

ハンドメイド作品を販売する前に知っておきたい注意点と販売方法|ハンドメイド作品の売れる方法・売るコツまとめ

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20210303172121p:plain

 

近年、メディアなどでもたびたび取り上げられる「ハンドメイド」。

ハンドメイドを取り上げたメディアでは、短時間で作ることができた作品がハンドメイドサイトで売れた!というところまで伝えることが多いので、「自分でもやってみたい!」と感じた方は多いのではないでしょうか?

 

確かに、さまざまな形で自分が作ったハンドメイド作品を販売することが出来るようになってきているのは事実です。しかし、そのすべてが「気軽に売る」ことはできても「実際に売れた」になるかは別の話です。

 

 

そこで今回は、ハンドメイド作品を販売する時に知っておきたい心構えを5つご紹介したいと思います。

 

ハンドメイド作品は簡単には売れない

メディアで取り上げられる際に「ハンドメイド作品を簡単に売れるようになった」というように取り上げられ、実際に「売れた」というところまでをひとつのコーナーとして締めくくっていることが多いのですが、そこが大きな勘違いを生んでいると思ってよいでしょう。

 

考えてみてください。気軽に売れるならば、たくさんの人が売りたいと思って売るようになる。そうなれば、たくさんの競争相手が存在することとなるということになるわけです。

 

つまり、たくさんの競争相手がいる中から自分の作品を選んでもらう努力をしなくてはならないのです。気軽に、とか、簡単に、と思ってはむしろダメな世界であるといえるのではないでしょうか。

自分が作れるものは誰かも作れる

競争相手が多いのはなぜか。それは、その作品を作れる人・近いものを作れる人が世の中にたくさんいるからです。気軽に作れるとは、作ることもそこまで苦労をせず作れるものであるはずで、その能力がどの程度であるか、人によって差はあれど、決して特殊能力が必要なモノではないわけです。

 

そうなると、同じようなモノがあふれることになってしまうのです。誰かも作れるものの中で自分が作ったモノを選んでもらうというハードルが生じてくるのです。

ハンドメイド作品は100円ショップでも買える

誰かも作れるもので自分も作っているものを、それでもひとつひとつ手作りをしていきます。そうなると本来なら人件費、材料費といった換算をしていけば、販売価格はおのずとある程度の価格になるはずです。

 

ただ、そうなると例えば100円ショップで同じような者が買えるとしたらどうでしょう?わざわざハンドメイドサイトの手続きをして数日待ってまで買いたいと思ったりするでしょうか?しかも100円より確実に高く、送料だってかかるものを。

 

競争相手は同じようなモノを作るハンドメイドの作家さんだけではないのです。世の中にある、メーカー商品とも比べられる機会があるのだということ、そして、贅沢品は必ずしも生きていく上で必要なモノではないということを忘れてはいけません。

 

ハンドメイト作品は売る事が難しい

f:id:ak6ark:20210303172407j:plain

 

このようなことを書いていると「ハンドメイド作品を売らないほうがいいってこと?!」となるのが当然かと思いますが、そういうわけでは実はありません。

 

要するに「気軽に売る」ということを「気軽に実際に売れる」と思わずに取り組むことができればいいのでは、ということなのです。

 

ハンドメイド作品を売ることの良さは、自分ができる技術を使って、自分のペースで取り組むことができ、自宅で作品作りをすることができる、ということだと思います。会社に通わない仕事の方法が注目されている今、自宅で自分の好きな作品を自分のペースで作って売れたらそんな素晴らしいことはないわけです。

 

ただ、その素晴らしいことにはリスクが必ずあります。それは売れるという確約がない、ということなのです。

 

しかし、また考えてみると、例えば新入社員として入った先で最初から仕事がすべてできるかというとそんなことはありません。たくさんのことを学んで、失敗をして、自分で模索をしながら自分なりの仕事の仕方を見つけていくはずです。

 

それはハンドメイド作品を売るということに関しても変わりはないのではないでしょうか?気軽に売るという考えを、気軽にはじめられる模索し甲斐のあることと考えたら仮に売れなくても工夫をしよう、こうしてみようと思う気持ちが湧いてくるのではないでしょうか?

どんなハンドメイド作品が売れるのか

作ることができれば売れるわけではないハンドメイド作品。しかし、実際にそのハンドメイド作品を作ることを本業にされている方が今たくさんいらっしゃることも事実です。

 

そんな方々はなぜ売れているのでしょうか?

 

理由はそれぞれに異なりますが、今回は売れているハンドメイド作家さんが実施している要素を何個かご紹介しましょう。

  • 人と違う個性があってその人の作品をほしいと思える要素がたくさんある(競争相手がいない)
  • こんなものがほしかったという、発明のような作品
  • ともかく紹介している写真・文章が上手
  • さまざまな作品を展開している
  • 作品の仕上がりがとにかく素晴らしい

などなどこれ以外にも必ず理由はあり、つまりは作品としても魅力があるということなのだと思います。

まとめ

もし、これからハンドメイド作品を販売しようと思ったならば、まず売れている作家さんたちがどんな作品を販売しているのかだったり、その販売方法や作品の見せ方をたくさん見てみるとよいのではないでしょうか。

 

そこから、ここは見習いたい!いという部分があれば実践してみると良いでしょう。

そして、もっと良いのは「こういった方々がこんな風に販売をしているなら自分だったからこうしたらお客さんが喜んでくれるのではないか」という独自の視点に気づくこと。

 

それができたら、最初は売れることがなくても、基盤ができているのでどんどん工夫もしていけるでしょうし、試行錯誤しながら進むことを楽しんで行なうことができるはずです。

 

ハンドメイド販売は、売れるからはじめてみよう!というところからスタートせず売れるためにどんな工夫をしていけばいいかを時間をかけながら探していける気持ちがあれば作品を販売して利益を出すことがでるでしょう。