丸ノ秘ネタ

世の中にあるマル秘ネタをご紹介致します。

丸ノ秘ネタ

MENU

手荒れが気になる時の正しいハンドケア方法5選!ハンドクリームの正しい塗り方

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20200223230854j:plain

 

秋から冬になると気になるのが乾燥からの手荒れですよね。特に顔や体の乾燥よりも気になるのが手荒れではないでしょうか。

 

また、涼しくなるとハンドクリームは塗っているのになぜか乾燥や手荒れがする、手が切れやすくなったり静電気もひどい!と感じる方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回この記事では、手荒れする時期にしたいハンドケアの仕方5選をご紹介していきます。

 

 

簡単で手軽で誰でもできる方法ですので最後まで読んで参考にしてみてください。

 

そもそも手が乾燥する原因とは?

なぜ冬になると手が乾燥するのでしょうか?実は手は顔や体よりも皮脂腺が少なく、バリア機能が他と比べて弱くなっています。なので手は他と比べると乾燥したり荒れやすいという訳です。

 

また、水に触れることで、手の汚れとともに大事な手の角層まで失われ、手が乾燥したり手荒れをおこしやすくなってしまいます。

 

手を洗うと手が乾燥する可能性もありますが、手を洗ってしっかり拭かないと皮膚の水分が失われるだけではなく、気化熱で刺激を受けやすくなり、乾燥や手荒れを起こしやすくなります。

 

冬の手荒れは時期的なものだから仕方ないと放置していると刺激を受け続け、乾燥や手荒れだけではなく赤みやかぶれやかゆみが習慣的になり、手湿疹になる可能性もあります。

 

ちなみに、少しの皮むけ、指紋が見にくい、少し赤い、血が出ていないが浅い溝がある、水ぶくれがある手荒れであればハンドクリームなどのケアだけで治りますが、それ以上ひどくなると、ハンドクリームを塗って手袋などで手を保護する必要があります。

 

そこまで深刻な状態にならないためにも、手のケアはしっかり正しい方法で行いましょう。

正しいハンドケア1:正しい水温と石鹸

f:id:ak6ark:20200224011802j:plain

 

何気なく毎日手を洗っていますが、実は正しい水温と洗い方で手荒れを防ぐことができます。では何度くらいが適温なのかというと33℃~35℃のぬるま湯で洗うのが手荒れを防ぐ水温になります。

 

暖かくて心地が良い40℃~42℃などの高めの水温で洗うと手に必要な皮脂や潤いのバリアが壊れてしまいます。特に42℃はかゆみセンサーが刺激されて強いかゆみや湿疹になる可能性があるので注意が必要です。

 

また、石鹸も手に優しいものや強い殺菌力のあるもの、成分は様々ですが、インフルエンザや風邪が怖いからといつも抗菌力の強い石鹸だと手荒れを起こしてしまいます。外から帰ってきたら殺菌の強いもの、自宅にいるときは手に優しい成分が配合されている石鹸を使用するようにしましょう。

 

また、先ほどご紹介しましたが肌の表面に水滴が残っていると肌の水分が蒸発してしまいます。手を洗ったら自然乾燥させるのではなく、すぐ清潔なタオルで手を拭きましょう。

正しいハンドケア2:ハンドクリームの適量と塗るタイミング

正しい手洗い方法だけでは残念ながら手荒れを防いだり改善することができません。手を洗った後にハンドクリームを塗ることが手荒れや乾燥を防いでくれる最善策です。

 

ただ、いくら手荒れに良いからといってハンドクリームを闇雲に塗っても残念ながら手荒れや乾燥は改善されません。きちんと量とタイミングを守ることが大事です。

 

では、具体的にどのくらいの量を塗るのがいいのでしょうか?

 

これはハンドクリームのタイプにもよりますが、チューブタイプだと3cm~4cm、缶タイプでしたら1.5cm~2cmくらいが適正な量になっており、どちらも油分が多く気になる場合は少し減らして塗りましょう。

 

ハンドクリームは乾燥を感じたら塗るといいと思いますが、手を洗った後や寝る前、そして水仕事の後に塗ると効果を感じることができます。ちなみに、塗る前に化粧水を手に塗ったり手やクリームを人肌程度に温めるとクリームがより浸透しやすいと言われています。

正しいハンドケア3:ハンドクリームの正しい塗り方

f:id:ak6ark:20200224011844j:plain

 

いくら正しい量や浸透しやすい方法を知っていても、正しいハンドクリームの塗り方で塗らないと手荒れは改善されません。

ハンドクリームの正しい塗り方1:ハンドクリームを人肌に温めよう

まずは、ハンドクリームを手の甲に出しそのままもう片方の手の甲でプレスしてクリームを人肌に温めます。

 

ハンドクリームの正しい塗り方2:指を上下に滑らせる

人肌にハンドクリームが暖まったら両手を組んで指を上下に滑らせるようにします。そうすることで忘れがちな指と指の間まで塗り残しなく塗ることができます。

 

指と指の間を塗り終えたら手荒れや乾燥しやすい指先や爪先を1本1本もみこむようにしてハンドクリームを指先や爪先になじませます。この時、ただ塗るのではなく指先を軽くつまんで勢いよく離す!を繰り返して行うとマッサージの効果もあって、指先の血行を促進してくれる働きがあります。爪も手荒れしやすいので爪も忘れずに塗りましょう。

 

※浸透させるためにゴシゴシ塗ってしまいがちですが摩擦が手荒れや乾燥の原因にもなりますのでゴシゴシするのではなく優しく塗るようにしましょう。

 

正しいハンドケア4:ハンドクリームを使ったハンドマッサージ

f:id:ak6ark:20200224011937j:plain

 

ハンドクリームを正しい方法で塗るだけでも効果はありますが、ハンドクリームを使ったハンドマッサージをすると血行を改善し手荒れや乾燥を防ぐ事ができます。

 

マッサージって何か道具が必要なんじゃないのって思うかもしれませんが、これからご紹介する方法はハンドクリームのみで行うことができます。

ハンドマッサージ方法1:多めにハンドクリームを出して手で温める

このマッサージを行う前に普段より気持ち多めにハンドクリームを塗り、そのまま両手を擦り合わせ、手のひらを合わせて手とハンドクリームを温めていきます。

 

ハンドマッサージ方法2:片方の手の指を使いながらもみほぐす

片方の指を使いながらもう片方の手を手首から指先に向かってもみほぐしていきます。指先までほぐれたらもう片方の手も同様にもみほぐしていきます。

 

ハンドマッサージ方法3:時間があるときは指1本1本をマッサージ

もしマッサージの時間がまだあるときは、指1本1本を指の付け根からもみほぐしたり爪の両脇を1本ずつ押し揉んだりしましょう。この時心地いい力加減でほんのり手があったかくなるまでやるのが大事です。

 

正しいハンドケア5:簡単!ハンドパックで手荒れをケア

ハンドクリームを使ってもどうしてもささくれが目立ったりうまくクリームが浸透しなかったりします。そこでおすすめなのが簡単に自宅でできるハンドパックで手荒れをケアする方法です。

ハンドパック方法1:ハンドパックに必要なもの

化粧水・ティッシュペーパー・ビニール製の使い捨て手袋・輪ゴムを用意します。

 

ハンドパック方法2:手のひらの上にティッシュを載せます

手のひらの上にティッシュ1枚を載せます。ティッシュを載せたら指と指の間にはさみで切れ目を入れます。この時ティッシュを載せたままの状態で鋏を使うと手を切ってしまう危険性がありますのでしるしをつけるなどして手から降ろしてから切れ目を入れて下さい。

 

ハンドパック方法3:切れ目を入れたティッシュをまた手のひらに戻し、化粧水をかける

切れ目を入れたティッシュを手のひらに戻したら、化粧水をティッシュがひたひたになるまで、化粧水の雫が落ちるくらいまで染み込ませます。手のひらにかけ終えたら指先もひたひたになる蔵まで化粧水をかけましょう。

 

ハンドパック方法4:ビニール手袋をはめる

化粧水をかけ終えたらビニール手袋はめて輪ゴムをかけます。両方の手が準備できたら15分くらい待ちます。スチームやストーブで温めるのも効果を上げるのでおすすめですが、やけどしてしまう恐れがあるので十分に注意してください。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は手荒れが気になる時期にしたいハンドケアを5選ご紹介しました。主婦の方や水をよく使う人はどうしても手荒れは避けられないのが事実です。手荒れは早い段階でケアすることができればひどい状態を避けることができます。

 

手荒れは毎日のちょっとした習慣で防ぐことができるので、ぜひ今回の記事を参考にしてみて下さい。