丸ノ秘ネタ

世の中にあるマル秘ネタをご紹介致します。

丸ノ秘ネタ

MENU

子連れでも安心できる銀座のおススメスポット5選|子供を連れて銀座を満喫する方法

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20200328234358j:plain

 

百貨店やファッションビル、たくさんのレストランなど、1日中楽しむことができる銀座ですが、子連れだとなかなかそうもいきません。

 

目的があって銀座を訪れても、きっと子供達はぐずいてしまうでしょう。

そこで、今回はお子様連れの方必見!子連れでも楽しめる銀座スポットを5選ご紹介したいと思います。

 

 

見たいもの買いたいものを求めてショップを回る途中に、子連れスポットを挟むことで、お子様も飽きずに銀座を楽しむことができるはずです。

 

銀座三越:みのる食堂

f:id:ak6ark:20200328234518j:plain

※店舗公式HPはコチラ

 

まずは、銀座三越の9階にあるレストラン「みのる食堂」です。お子様のメニューがあるのはもちろんですが、ベビーチェアやキッズ用のお皿、カトラリーも十分に用意されています。

 

そして何よりもスタッフの方々がお子様にとっても慣れていますので、安心してお子様と入れます。ベビーチェアの用意はありますが、ベビーカーでも入店できますし、お子様連れの多いお店ですので周りの目を気にせずお食事をとることができます。

 

子連れで利用しやすいお店ということもありとっても人気ですので、ランチタイムの12時前後は混み合います。できれば11時半など、早めに行かれることをおすすめします。

 

ただ、待ち時間があってもすぐ目の前の芝生で遊びながら待っておくことができるのも子連れにはありがたいポイントです。

銀座三越:おもちゃ売り場

f:id:ak6ark:20200328234501j:plain

※店舗公式HPはコチラ

 

銀座三越の10階はベビー、こども用品売り場となっています。おもちゃ売り場ではおもちゃをこどもたちが手にとって遊べるようになっていますが、このフロアの一番のおすすめはなんといってもバルコニーに設置されているアスレチックです。

 

かわいいおうちや、滑り台、キッズサイズのテーブルチェアが用意されているので子供のテンションを上げてくれます。百貨店でのお買い物に子供は飽きがちですが、ここに来たら楽しくて仕方ないはずです。ここで少し遊んだらまたお買い物へ行こうね、と声をかけてあげれば子供達もお買い物につきあってくれるのではないでしょうか。

無印良品銀座店

f:id:ak6ark:20200328234649j:plain

※店舗公式HPはコチラ

 

2019年にオープンした無印良品銀座店。以前は有楽町に店舗を構えていましたが、銀座へお引越ししました。その規模は最大で、ショップ、レストラン、ホテルを一つのビルに集約しています。

 

この無印良品のこども服コーナーには木育広場があります。お買い物の間、木のおもちゃや絵本を読んで遊びながら待っていることができます。またベビーケアルームがありますので、授乳中のお子様やおむつ替え時に利用することができます。ちょっとしたスペースですが、こどもたちのリフレッシュタイムになります。

 

さらに、レストランはお子様連れが多いので、気兼ねなくお食事を楽しむことができます。12時頃になると混み合い、待ち時間がでてしまいますが、他のフロアで待つことができるのは魅力的です。価格もリーズナブルですので、お友達を誘いやすいのではないでしょうか。

 

GINZA SIX ガーデン:屋上庭園

f:id:ak6ark:20200328234810j:plain

※店舗公式HPはコチラ

 

GINZA SIXの13階には銀座最大の屋上庭園があります。憩いの広場を中心として、森林ゾーン、水盤ゾーン、芝生ゾーン、回遊ゾーンが取り囲むように設計されているようですが、その通り、ぐるっと一周庭園となっています。

 

暖かい日には子供達が裸足で水の中に入ったり、芝生でごろごろ転がったりと気持ちよさそうに遊んでいます。回遊ゾーンではベンチがありますので、ちょっとした休憩ができます。

 

また季節によってイルミネーションなどのイベントが開催されているので、青空のしたで遊ぶ楽しさとはまたちがう、夜の美しさも楽しめます。ビルが立ち並ぶ銀座で景色を楽しみながらのびのびできる貴重な空間で、親子ともにのんびり時間を堪能できるスポットになります。

銀座 博品館 TOY PARK

f:id:ak6ark:20200328234918j:plain

※店舗公式HPはコチラ

 

子供にとって天国の場所、博品館。博品館の前を通ったら、子供達は目を輝かして吸い込まれるように店内へと入っていくのではないでしょうか。

 

おもちゃにかたよりはなく、たくさんの種類のおもちゃが地下1階から4階まで所狭しと並んでいます。新商品のおもちゃを手にとって遊べるようになっているので、子供達はそれはそれは夢中になります。

 

子供達へのご褒美やお祝いにおもちゃを購入するときにはぜひ一緒に行きたい場所です。ただ一つ注意しなければならないこと、それは、ここへ入ったらなかなか出ることはできません。他の用事をおえてから、最後のご褒美としてくることをおすすめします。

まとめ

銀座は以前高級ブランドがたちならぶセレブな街でした。しかし時代はかわり、老若男女問わず、たくさんの方が訪れることのできる街となりました。老舗百貨店もあれば、新しい商業施設がいくつもできました。もちろん中には子供をNGとしているレストランもありますが、大半は子連れOKなお店ですし、授乳スペースやおむつ替えシートは格段に増えました。

 

それでも周りの目を気にしてしまうのが子連れのパパママ。そんな子連れパパママが周りの目を気にせず、そして楽しく銀座を満喫できるお店やスポットは意外にもあるものです。お出かけ前に子連れスポットを確認し、上手に利用して楽しく銀座をまわりましょう。