丸ノ秘ネタ

世の中にあるマル秘ネタをご紹介致します。

丸ノ秘ネタ

業務スーパーで食費を節約する方法|食事の質を落とさないおススメ商品

f:id:ak6ark:20191102164934p:plain

 

毎月掛かる生活費を振り返ると結構掛かっているものです。なので世間では「節約」や「対策」といった計画を立てて工夫する家庭も多くなっています。1番身近な節約術としては「食費」を抑える事ですが、食事の質は落としたくありません。

 

そこで、今回は普段利用しているスーパーと「業務スーパー」をうまく使い分ける節約術をご紹介致します。

 

 

人間が生きるために必要な食べ物を、少しでも安くお得に購入できれば食費節約に繋がるはずです。

利用客が年々増加している「業務スーパー」とは?

生活に欠かせない「食料品販売店」「スーパーマーケット」は、大小いろんな店が存在します。メジャーな有名チェーン店から、小売店まで、住んでいる地域によって様々です。

 

しかし、販売されている値段は店によって異なるものです。主婦としては、少しでも値段が安い販売店を利用したいと思いますよね。

 

そこで、今回紹介したいのが、現在注目を浴びている「業務スーパー」です。「安い、お得、美味しい」をアピールしているスーパーとして、この名称を聞いた人も多いはずです。

 

この業務スーパーの利用者が急増している理由としては、やはり値段が安いところにあります。お金の出費が抑えられるスーパーとして主婦の見方になっているのです。

 

そんな業務スーパーは、兵庫県の加古郡稲美町という所に本社の会社があります。本社は市街地でもなく田園風景が目立つような地域ですが、今や全国展開をしている有名店です。スーパーのチェーン店として「約800店舗」日本に存在しています。1度は、利用した事がある人も多く「緑の看板」が特徴です。

業務スーパーは何故安いのか?

安い食品を多く販売する業務スーパーは、「コスト削減」からなる安く提供するシステムを独自で行っています。流通経路を少なくして、お客に安く商品を提供しているのです。また、お店に並ぶ食品は自社工場で生産しているため、コストが抑えられます。ピラミッドのような流通システムの大手スーパーに比べて、仲卸がないため安く商品を販売出来る訳です。また、業務スーパーは、店内の内装や汁器などにはあまり力を注いでいません。大手有名スーパーと比較すると、決してきキレイな店内とは言えません。

 

ただそこで気になるのが食品の「質」ですが、これも他の食品会社とほとんど変わりはありません。業務スーパーは、高級料理店ではなく大衆食堂といった感覚です。

 

業務スーパーは、ちらし宣伝もキチンと行っています。食品を公表する事で、怪しい店ではなく安全に利用出来るはずです。チラシは、カラーを使用するケースもあり有名スーパーと変わらないのも安心です。※店によっては、手入れが悪いケースもあり利用を考える主婦もいます。

業務スーパーは「大容量食品」が魅力的

業務スーパーには様々な食料品がありますが、業務スーパーと言えば食料品が多く入っている「大容量食品」です。

 

家族が多い家庭にとって家計を助けてくれる「大容量食品」は、1つ買って冷蔵庫に入れて置けば、1週間は利用出来るはずです。「夕食からお弁当」まで、上手に利用するれば食費の節約に必ず繋がります。

 

では、ここからは業務スーパーの「おススメ商品」をご紹介致します。

業務スーパーでおススメ商品「徳用ウインナー」

まず、業務スーパーの大容量食品でオススメなのは、「徳用ウインナー」です。ウインナーは、傷めて食べる食品として子供から大人まで好きな人は多いですよね。

 

この徳用ウインナーは、中身が「1キロ」入っていてボリューム満点です。ウインナーは、意外と製法に時間がかかるため高いお店もありますが、この徳用ウインナーは値段がなんと460円。※夫と子供が2人いて、朝食、お弁当に入れても1週間は利用出来ます。

業務スーパーでおススメ商品「フライドポテト」

次に、オススメな食品は「フライドポテト」になります。油で揚げて食べるフライドポテトは、調理も簡単で美味しいですよね。

 

業務スーパーには、数種類のフライドポテトあり、「太目」と「細い」ポテトがあります。夕食に食べるなら太目で、軽食やおやつとして食べるなら細いポテトが良いです。1キロが200円で販売される食品なので、お得でファーストフード感覚で頂けます。

業務用スーパーは意外とお菓子もお得

業務スーパーには、「菓子類」や「アイスクリーム」も豊富に販売されています。プリンやチーズケーキなども紙パック1リットルサイズで150円台です。紙パックに入れる事で値段も安くなりお得になっている訳です。

 

※しかし、一見取り出しにくい紙パックプリンなどは、敬遠する人も多くいます。小皿に盛れば食べやすくなりますので、ぜひお試しください。

 

業務スーパーには菓子類も大容量で販売されています。駄菓子屋で販売されている「懐かしいお菓子」もあり、大人が食べても満足できる商品になります。また、アイスクリームなども有名な種類があり「大容量タイプ」などはお得です。コンビ二などよりは断然安く買えるので、ぜひおススメしたい商品になります。

まとめ

業務用スーパーのおススメ商品をご紹介しましたが、他のスーパーとも合わせて利用する事をおススメします。1週間の利用割合は、「業務用を2回」、「他のスーパーを1回」程度が理想です。普通主婦の方などは1週間に2、3回ぐらいスーパーを利用します。もしこれから節約を意識するなら、家計削減のため業務用スーパーを多めに利用するのもいいかもしれません。1ヵ月の食費が「数千円」は削減出来るハズですので実践してみて下さい。特に、今回紹介した菓子類や食料品類は本当におススメなのでぜひご活用下さい。