丸ノ秘ネタ

世の中にあるマル秘ネタをご紹介致します。

丸ノ秘ネタ

MENU

治らないコミュ障を改善!コミュ障を治す方法は【聞き上手】になる事だった!?

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20191216163804j:plain

 

上手くコミュニケーションがとれない人のことを「コミュ障」といいます。私を含め、このコミュ障で悩んでる方はたくさんいると思います。

 

ですが、裏腹に今の世の中はコミュニケーションをとることを求められることが多くあります。人の輪に入れないとそれだけで嫌われたり、仕事が出来ないとレッテルを貼られてしまう場合もあります。

 

コミュ障でも受け入れてくれる環境に身を置くことが一番ですが、中々そんな環境見つかりませんよね。

 

そこで今回は、なんとかコミュ障を治す方法をご紹介致します。

 

 

人の輪に入る!せめて疎外されない人になる!そんな秘訣をご紹介致します。

 

Q.どんな人がコミュ障なの?

A:望んだコミュニケーションが取れない人の事を【コミュ障】と言います。

 

初対面の人と仲良くなりたいのに、上手く話しかけることが出来ない人。新しく入った職場で、馴染みたいと思っているのに、中々馴染めない人。こういう人が、コミュ障です。

 

ただ、馴れ合いが嫌いで職場でもずっと黙って働いている人などは、コミュニケーションで悩んでいないので、コミュ障ではありません。

Q.コミュ障は治すべきなの?

A:自分次第です。

 

まず前提として、コミュ障を治す義務はありません。コミュ障を治さないと、必ず不幸になるわけでもありません。逆に、コミュ障を克服したからといって、人生の幸福が約束されるわけでもありません。

 

前述しましたが、自分が気にならなければ、コミュ障も個性の一つとして、受け入れるべきでしょう。

 

また、人は苦手なことを克服するより、得意なことをもっと得意にするほうが簡単だという説もあります。上手くコミュニケーションを取れるようになる努力をするより、自分の得意分野を伸ばす方が有意義という考え方もあります。

Q.コミュ力って必要ないの?

A:必ずしも必要ではないが、有ると便利です。

 

コミュ力は必須ではありません。ただ、有ると便利です。自動車免許や語学力のようなものです。コミュ力はどんな場面でもそれなりに役に立ちます。

コミュ障の治し方

①挨拶

②聞き上手

③人によって態度を変えない

④じられキャラになれ

 

以上が、コミュ障が人の輪に入るコツとなります。以下、順番に解説します。(あくまで、コミュ障がコミュ障じゃなくなるメソッドなので、コミュ力レベル100になる方法ではありません。平均ちょい下程度のコミュ力がつく方法です)

 

 ①挨拶

「おはようございます」「ありがとうございます」「おつかれさまです」これを適切な声量で、笑顔で言えたら完璧です。

 

しかし、吃音だったり、声が小さかったり、表情が強張ったりで、中々上手くできませんよね。

 

そんな時は、やらないよりはやった方がいい精神です。例え、声が小さくて表情も上手く作らず、出した言葉も「あ、あ、あああ」だとしても、何とか会釈さえ出来れば、相手も「ああ、頑張って挨拶しているんだな」と感じ、好感を持ってくれるでしょう。相手に「挨拶をしようとしている」と思われることが重要なのです。

 

②聞き上手

TwitterやInstagramの浸透から見て取れるように、人は「話したがり」です。なので、自分の話を聞いてくれる人に好感を持ちます。

 

コミュ障で悩んでいる人は、聞き上手を目指しましょう。相手の体験談、愚痴、趣味の話を頷きながら聞ければ、それだけでコミュニケーションは成立しています。

 

ただし、聞き上手は、黙って頷いていればいいわけではありません。

 

数年前、バラエティで自称聞き上手の人が登場しました。その人の話の効き方は微笑で相手の眼を見て頷き、相槌に「へーそうなんだ」を打つ、というものでした。

 

これは間違いです。こんなロボットのような対応をされたら、相手は不快に思うでしょう。業務上のやり取りならともかく、会話はお互いの距離を近づけるためのものです。

 

微笑ではなく、もっと明るい笑顔で。表情をころころ変えてください。相手の眼を見る必要は必ずしもありません。相手の方を向いていれば、そう失礼には受け取られないでしょう。相槌も「やばいですね」「まじすか」「すごー!」といった、フランクな言葉を使うほうがいいでしょう。相手とテンションを同調できたら完璧です。

 

最初は上手くいかないかもしれません。けれど、場数を踏めばいつか聞き上手になれます。話し上手になるより百倍簡単です。頑張ってください。

 

③人によって態度を変えない

人の輪に入る上で、一番障害になるのはコミュ障ではなく、「性格が悪い」というレッテルです。

 

このレッテルが張られると、途端に集団で孤立してしまいます。あなたがイケメン、もしくは美女で、既に集団の中で確固たる地位を築いていたら多少性格が悪くても、「ちょい悪」として愛されたかもしれません。

 

しかし、コミュ障な上で「性格が悪い」のレッテルを貼られてしまうと、中々挽回できません。

 

そして、「性格が悪い」と周囲に思われる行動の中に、「人によって態度を変える」があります。

 

例えば、先輩にはへりくだって太鼓持ちになるくせに、後輩には横柄に振舞うとか。異性には優しく接するのに、同性には塩対応とか。普段は温厚なのに、自分よりコミュ障は露骨に馬鹿にするとか。もし、あなたがこういうことをやっているなら、今すぐ止めてください。

 

基本的に、周囲から愛されるのは善人です。悪人が愛されるのはイケメン・美女、あるいはフィクションの世界だけです。周囲から善人だと思われるような行動を心がけましょう。

 

④いじられキャラになれ

コミュ障は、いじられキャラを目指しましょう。

 

同じコミュ障でもたくさん友人が居て集団の輪の中に居る人と、孤立してしまう人がいます。

 

二者の違いは、いじられキャラかそうでないかの違いだけです。私見ですが、コミュ障はプライドが高い人が多いイメージです。周囲から尊敬されたい、一目置かれたい。そんな欲求が強いと感じます。

 

なので、コミュ障を治すには、プライドを一旦捨て、いじられキャラを目指しましょう。

 

周囲からいじられたり、軽く扱われだして初めて人の輪に入ったと言えます。そのうえで、努力を重ねれば、いずれ本物の賞賛が得られるでしょう。

 

プライドが邪魔をして調子に乗った言動をしてしまうと、一気に人望を失いますので注意が必要です。

まとめ

以上が、コミュ障を治して、人の輪に入る方法です。

 

この記事で、みなさんが少しでも楽しい生活が送れれば、幸いです。