丸ノ秘ネタ

世の中にあるマル秘ネタをご紹介致します。

丸ノ秘ネタ

MENU

未解決事件として時効を迎えた「警察庁長官狙撃事件」の真相|真犯人「中村泰」と警察の内部組織事情

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20210313195946j:plain

 

1995年3月30日、当時の警察庁長官が出勤のため自宅マンションを出た所、何者かに拳銃で狙撃されたという事件が起こりました。

 

事件が起きたのは、おりしも、オウム真理教本部に強制捜査が行われた3月22日の8日後だった。誰もが「これもオウム真理教の仕業だろう」と思うのは当然でした。

 

新聞やTVもオウム真理教の仕業という論調で報じ、警察もその方向で捜査を開始しました。しかし、予想に反し國松長官を狙撃した犯人は特定できず、ついに2010年3月22日に控訴時効となり未解決事件となってしまったのです。

 

国松長官は3発の銃弾を受けて瀕死の重症を負いましたが、何とか一命を取りとめ2ヶ月半後には公務に復帰しました。

 

ですので、殺人事件ではなく殺人未遂事件となり、罪の軽重という点で当時話題となったオウム真理教関連事件「坂本弁護士一家殺害事件」や「地下鉄サリン事件」などの重大犯罪よりは軽視され、この事件が段々と忘れられていった事は仕方の無い事かもしれません。

 

ですが、この事件にはあまり報道されていない沢山の事実が有るのです。

 

メディアはインパクトのある内容を優先して報道します。残念ながら、この事件は発生時のインパクトしか無かったらしく、その後、この事件をメディアが取り上げたのは数回だけです。風化しつつある事件と言えるでしょう。

 

ですので、あえてここにその後の経過を記録し、真犯人の推定まで試みてみたいと思います。

 

 

それでは見て行きましょう。

 

國松警察庁長官狙撃事件の概要

f:id:ak6ark:20210313200114p:plain

※画像引用元はコチラ:当時の國松孝次(くにまつたかじ)

 

1995年3月30日の朝8時31分、当時の警察庁長官:國松孝次(くにまつたかじ)は、荒川区南千住のマンションから出勤のためにエントランスを出た。

 

すると待ち伏せしていた人物が長官を拳銃で狙い、4回の発砲を行った。そのうち3発が長官に命中。その後、犯人は自転車で逃走。

 

國松長官は日本医科大学付属病院高度救急救命センターに搬送され緊急手術を受けました。手術は長時間にわたり、途中で心臓停止が3回も起こりましたが、何とか命を取りとめる事に成功した。

 

現場検証で、現場からは朝鮮人民軍のバッジ、大韓民国の10ウォン硬貨が見つかりましたが、事件との関係性は不明。

 

そして発砲が行われてから一時間後に犯人と思われる男からテレビ朝日に脅迫電話が入りました。「オウムに対する捜査をやめろ。國松に続き、井上(警視総監)、大森(内閣調査室長)がけがをしますからね」という内容だった。

 

警察庁長官狙撃事件の最大の謎は銃弾

この事件には特異な点がいくつかありました。それは以下のような物です。

 

銃を撃った位置から長官までの距離は15mから30m前後と思われる。この距離はライフルなら可能だが拳銃では遠すぎる距離である。にも係わらず4発中3発を命中させている。犯人は相当に拳銃の射撃能力が高い人物と考えられる。

摘出された弾丸は38口径であるが「ナイクラッド・セミワッドカッター」という現在は生産・販売が中止されている物であった。また長官の体内で破裂するように大きな損傷を与えている点、摘出された弾丸の先端部分の破損状態から弾頭の形状はホロー・ポイントと呼ばれる内側にへこんだ特殊なタイプの物であると推定される。

 

これらの事から、犯人は拳銃に詳しく、射撃訓練を受けた者だと推測できた。8口径の拳銃は日本の警察では標準的に使用されている拳銃で、ほとんどの警察官の拳銃は38口径です。

 

また民間人の銃所持が禁止されている日本で拳銃の射撃訓練を受けている人は自衛官か警察官、或いは競技射撃の選手となる。

 

従って犯人が外国人であれば別ですが、日本人であれば犯人候補は相当に絞られてくる。拳銃なら暴力団もあるのではないかという指摘もありますが、暴力団が使用している拳銃は中国やロシアから密輸入されたトカレフという物がほとんどで、これは25口径となっている。

 

しかし犯人が自衛官及び元自衛官、警察官及び元警察官、競技射撃選手だとしても不思議なのは弾丸でした。

 

ナイクラッド・セミワッドカッター、というタイプの弾は射撃訓練の時に弾丸から飛び散る鉛が人に影響を与えないようにナイロン樹脂で弾頭をコーティングした物です。

 

1980年から1990年にかけて米国では一般販売もされていた弾丸ですが、貫通力が非常に強く、防弾チョッキも貫いてしまうので「コップキラー」と呼ばれ1992年に製造・販売が中止されているのです。

 

更に不思議なのは、弾頭の形状がホロー・ポイントと呼ばれる内側にへこんだ特殊なタイプであった事です。ホロー・ポイントの弾頭形状を持った弾丸は命中すると体内で破裂するようにぼわっと広がり相手に大きなダメージを与えます。通常の弾丸より殺傷能力が格段に高く危険なので、これも1990年初頭に製造・販売が中止されています。

 

つまり使用された弾丸は非常に特殊な物で、日本国内では入手不可能なのはもちろんの事、米国でも1990年以降は入手不可能なのです。つまり、この弾丸を持っているのは1989年以前に米国で買った人以外には考えられないのです。

 

オウム真理教がいわゆる「武装化」を開始したのは1990年の中盤あたりからで、この弾丸が入手できた可能性は非常に低く、ましてや拳銃については全くの素人であるオウム真理教信者に今回のような高度な拳銃射撃が出来る人物がいるはずがない、とも思われました。※オウム真理教幹部の一部には海外で射撃訓練をした者も存在していた。

 

つまり、犯人像から推測すると「オウム真理教には関係ない」という結論になります。ですので、テレビ朝日にかかってきた脅迫電話は、オウム真理教に罪をなすりつけようとした者が行った偽装、もしくは、オウム真理教が事件に便乗したものと思われました。ですが…

 

 真犯人とオウム真理教の関係

捜査が本格化してきた時の事です。当時、警視庁でオウム事件の陣頭指揮を執っていた櫻井勝警視庁公安部長の所に、小杉敏行巡査長がやって来て「自分が國松長官を撃ちました。自分はオウム真理教の信者です」と告白したのです。

 

補足:「警察庁」と「警視庁」の違い

ここで念のために「警視庁」について解説をしておきたいと思います。

日本は47の都道府県毎に警察を置いています。神奈川県には神奈川県警、大阪には大阪府警という具合です。しかし東京都だけは東京都警とは言わず「警視庁」という名称です。

 

そして「警視庁」も含めた都道府県警の上部組織が国家行政機関である「警察庁」です。「警視庁」と「警察庁」は似ているので勘違いしやすいのですが、「警察庁」は「警視庁」の上部組織なのです。

 

小杉巡査長の告白が事実なら、地方行政機関である警視庁の現職巡査長が国家行政機関の長を銃撃したと言う事になります。そうなれば警視庁の管理責任が問われるのは必至ですし、大スキャンダルになるのは確実です。当然、櫻井公安部長も責任を問われる事になります。

 

なので、告白を受けた櫻井公安部長は、これを隠蔽した。

 

すると匿名の葉書が警察庁に送られてきました。それは内部告発状で「國松長官の狙撃犯は現職の警視庁巡査長である。櫻井部長はそれを意図的に隠蔽している」という内容でした。

 

まさか、と思いながら警察庁は櫻井公安部長を問い詰めた所、事実を認めました。警察庁は激怒し、そして警視庁の幹部は全員、更迭されてしまったのです。ただ、自ら犯行を告白した小杉巡査長ですが、その供述内容は、信用性に欠ける物でした。

 

事実とは合わない点が多々あり、問題のナイクラッド・セミワッドカッター・ホロー・ポイント弾の入手経路も曖昧でした。

 

神田川に拳銃を捨てたというので、神田川を総ざらいしても拳銃は出てきません。最初は「自分が撃った」と言っていたのに、途中から「自分は実行犯の逃走を助ける係りだった」などと内容を翻してしまう始末。結局、小杉巡査長の供述は全く信憑性を欠く物であり、処分保留のまま釈放となった。

 

警視庁公安部の結論

その後、2004年7月までに警視庁は小杉巡査を含むオウム信者4名を、現場に落ちていた韓国ウォン硬貨から信者のDNAが検出されたとして逮捕します。

 

しかし、それだけの証拠で公判が維持できる筈も無く、結局、処分保留のまま釈放となり最終的には不起訴処分となりました。この4人の逮捕は何故行われたのかよく分からない、という声が今でも聞かれます。

 

一説では「この事件はオウム真理教がやったものだ」と世間に印象付けるためではないか、或いは「警察のトップが襲撃された事件で誰も逮捕しないのではみっともないので形だけでも犯人を逮捕したという実績を残したかったのではないか」等の説があります。

 

警視庁には公安部と刑事部が有りますが、多くの役所がそうであるように警視庁でも公安部と刑事部の関係は良好とは言えず、むしろ敵対関係といっても良い関係らしく、情報交換や協力などは一切無く、それぞれが独自に動いていたそうです。

 

また、公安部は最初からオウム真理教が犯人と決めてかかっていた節があり、その結果が2004年7月の「よく分からない逮捕」につながったと言われています。

 

警視庁刑事部の結論

その一方、刑事部は別の人物に目をつけていました。実は、2002年11月に名古屋で現金輸送車襲撃事件で現行犯逮捕され服役中の中村泰という70歳の老人が「国松長官を撃ったのは俺だ」と言い出したというのです。

 

f:id:ak6ark:20210313200601j:plain

 ※画像:中村泰

 

ただ、中村泰は既に終身刑を言い渡されており、年齢的にももう外へ出られる見込みはありません。その状況は「何を言い出してもおかしくない」とも言えます。しかし、刑事部はこの男を調査して驚きました。中村泰の履歴を下記に列挙してみます。

 

・東大理科二類に在籍、成績は極めて優秀。機械に強く英語、中国語、スペイン語が堪能。

・共産党の地下活動に加わり、数々の窃盗を重ねるも逮捕され服役。放校処分にされる。

・チェ・ゲバラに傾倒し北米や中米に渡航し銃器の取扱と射撃訓練に従事。

・職務質問しようとした警察官を拳銃で射殺しているが、そのやり方は冷酷非情で明らかにプロの手口。

・いびつな反権力思想の持ち主であるが、ケタ外れの知識、素養、技術力、行動力を持つ。特に拳銃の扱いについては特筆すべき技術を持つ。

 

確かにこの男であれば拳銃での狙撃も可能かもしれません。しかも刑事部の調査で以下の内容も明らかになりました。

 

・1980年代後半にアメリカでパイソン拳銃とナイクラッド・セミワッドカッター・ホロー・ポイント弾を偽名で購入している。

・犯行直後に逃走した自転車を近くに放置したと供述。事件直後に放置場所に不審に置かれた自転車の目撃証言と一致。

・長官の住所を把握するために侵入したとされる警察庁警備局長室の配置について、被疑者による証言が実際の配置と一致。

・犯人が所持していたカバンと同じものを被疑者アジトから発見。

 

その他にも真犯人しか知りえない情報を、中村泰は知っており、刑事部は裏づけも取っていたと聞き及んでいます。ですが、これだけの証拠を本人も自供しているにも係わらず、中村泰は逮捕されませんでした。

 

彼を逮捕する事は公安部の面子を潰し、不興を買う事になるのです。真偽のほどは分かりませんが、内部の人間によると、刑事部の某刑事は幹部から「気をつけろよ。やりすぎると何があるか分からんぞ。駅のホームで前の方に立つなよ」という忠告のような脅迫のような言葉をかけられたとも、述べているという。

 

そして2010年3月30日、遂に國松警察庁長官狙撃事件は公訴時効を迎えてしまうのです。 

 

まとめ

オウム真理教の幹部メンバーも他の重大犯罪については関与を認めたのに、この事件だけは誰一人として関与を認めた者はいませんでした。殺人罪については認めているのに、殺人未遂罪について関与を否定するメリットなんてあるのでしょうか?決してオウム真理教のメンバーを擁護するつもりはありません。ですが、やっていない物はやっていないのです。

 

f:id:ak6ark:20210313200740j:plain

※画像:麻原彰晃

 

実際、オウム真理教の代表:麻原彰晃は、國松長官狙撃の速報がTVで流れた時に「うわまえをはねる奴がいるのか」と言っていたとという元教団幹部の証言が残されています。真偽のほどは分かりませんが、本当であれば「ならば、うちがやった事にしてやろう。脅しに使えるからな」と考えたかもしれません。テレビ朝日への脅迫電話や小杉巡査長が自白したのも、そう考える…

 

この事件の犯人については色々な説が有りますが、動機を中心にした物が多いです。しかし私はこの事件は「物証」を中心に犯人を特定すべきだと考えます。これほど特殊な物証は滅多にないと思うのです。私は、この事件についてもう結論は出ていると思います。

 

ですが、既に終身刑が確定している70歳の老人を再度法廷に殺人未遂罪で引っ張り出す必要は無いようにも思えます。しかし被害者である国松長官は「絶対に忘れられない」と言っています。被害者がキャリア組の官僚であっても一人の人間としては当然の事でしょう。犯人が不明では、いつまた襲われるかもしれない、という危険を感じても当然です。最もキャリア官僚である國松元長官には「事実」は密かに伝えられているかもしれませんが…